診療案内

TOP > 診療案内 > リハビリテーション

リハビリテーション

甘木中央病院リハビリテーション

リハビリテーション(理学療法・作業療法・言語聴覚療法)には算定上限(期間)が設けられています。
我々リハビリスタッフ一同は、患者さんの状態に合わせたリハビリテーション実施計画書を立案・説明の上、計画的にリハビリテーションを実施させていただいております。

甘木中央病院リハビリテーション室は、理学療法士17名・作業療法士13名・言語聴覚士4名・マッサージ師1名・助手4名の総勢約38名のスタッフにより構成されています。
急性期・回復期・在宅までの一貫した流れの中で、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士など各専門スタッフが常に連携を取り、リハビリ計画に基づいたチームアプローチを実践しております。
また、退院された後も日常生活が不安なく過ごせるようにリハビリテーションを行います。
早期リハビリテーション開始および早期退院を目指してリハビリテーション実施体制を整えております。

リハビリテーション施設基準

  • 脳血管リハビリテーション施設基準1
  • 運動器リハビリテーション施設基準1

リハビリテーションの内容

脳血管リハビリテーション

脳血管疾患、内科・外科治療で日常生活動作が出来なくなった患者さんに対するリハビリテーションです。発症後早期のリハビリテーションの実施状況により、予後は大きく左右されます。
当院では専門のリハビリスタッフにより発症後早期よりマンツーマンでリハビリテーションを実施いたします。理学療法士が、起立・歩行練習、筋力回復練習等を、作業療法士がトイレ・更衣整容・入浴動作練習等を、言語聴覚士が、言語練習・嚥下(飲み込み)練習を、それぞれの患者さんの状態に合わせてリハビリテーションプログラムを立案し、実施しております。

運動器リハビリテーション

様々な運動器疾患(骨折等)に対するリハビリテーションに対応しております。
理学療法士が、起立・歩行練習、筋力回復練習等を、作業療法士がトイレ・更衣・整容・入浴動作練習等を、それぞれの患者さんの状態に合わせてリハビリテーションプログラムを立案し、早期の職場・社会復帰を目標に実施しております。

退院前訪問・訪問リハビリテーション

当院では退院後、住み慣れたご自宅で安心して療養できるように、作業療法士(OT) や理学療法士(PT)がご自宅を訪問し、移動動作の確立、身辺動作の確立、生きがいや趣味的活動の再獲得など個人に合わせた目標に向かってお手伝いさせていただきます。また、ご家族への介護方法指導や住宅改修および福祉用具の選定などご本人の機能、住居環境や生活スタイルを把握した上でアドバイスさせていただきます。

リハビリテーション施設基準

診療案内
  • 外来受診される方
  • 入院患者さま・ご家族の方
  • 健診を受けたい方
医療法人社団 俊聖会 甘木中央病院
〒838-0068 福岡県朝倉市甘木667
電話:0946-22-5550
Fax 0946-24-3572
交通アクセス
  • 看護部紹介
  • リハビリテーション
  • 健診・人間ドック

ページのTOPへ